ある大学生の日常サンプル

とりあえず誰かの役に立つ記事がかければいいというスタンス!

本当は大変!?スーパーのレジのバイトやってみた感想や評価!

f:id:bult32ploc:20170512214535p:plain

 

 こんにちは!管理人のジャンボです!!

スーパーのレジのバイトってバイト入門ってイメージを持ちますよね。そんなスーパーのレジのバイトの感想や評価について僕の実体験を元に紹介したいと思います。

 

 

 

僕のレジのバイトへのイメージとギャップ

スーパーのレジのバイトと聞くと、皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか?

レジのバイトって楽なイメージを持たれがちだと思いますが、ぼく個人としては、決して楽なバイトではないと感じました。

 

そこで、まず最初に僕がもっていた当初のイメージとそのギャップについて見ていきたいと思います。もしも、僕のイメージと重なるような点があれば少し気を付けたほうがいかもしれません。

 

僕がレジのバイトを始める前に思っていたことは、大まかに分けると以下の三つです。

 

瞬間的にしか働いていないようなイメージ

レジの仕事では一人のお客さんと接する時間がとても少ないので、客側の視点から見るとあたかもその時だけ働いているように見えます。

このことによって、当時の僕はレジの仕事というものがあたかもその一瞬にしか行われていないようなものという、錯覚を受けてしまいました。

 

また、私たちはレジに商品を通すという作業を機械的に行っています。そのため、レジの方をどこか機械の一部のような視点で見てしまっていることがあると思います。

上記の二つの理由から、実際の大変さなどについて目が向かむいていませんでした。

 

実際に働いてみると、全くそんなことはなく、トイレ休憩や給水も含めて僕はほぼ休めませんでした。なぜかというと、お客さんが絶え間なく商品をもってくるため、その都度会計を行わなければならないからです。

 

ただ、これは僕が学校の都合上、忙しい時間に入っていたためという理由もあるので、時間をずらせばある程度休むことはできます。ただ、お昼時やサラリーマンの帰宅時間にシフトを入れた場合は1~4時間はほぼ休めないものと考えておいたほうが良いでしょう。

覚えることが少ないようなイメージ

「レジのバイトってずっと同じことをしていれば、いいから楽だろう」なんて思っている方は多いと思います。僕も初めはそう思っていました。しかし、実際は臨機応変な対応が求められると感じました。

 

僕が一番てこずったことは、商品をかごに入れる作業です。常に、内容が変わるかごの中身をかごの中に入りきるように詰める作業はとても頭を使いました。主婦の方からすれば、おかしいかもしれませんが、普段から肉や野菜を買わない自分にとっては難しく感じました。

 

他にも、割引のやり方によっても取る対応が違うこと(カード、クーポン、店特有の割引など)や返品作業、その日の売り上げの清算などやることはたくさんあります。

 

ただ、機械を打っていればいいと思って、応募するとイメージの違いに戸惑ってしまうので、気を付けましょう。

 

接客をあまりしなくてもいいようなイメージ

初めの「瞬間的にしか働いていないようなイメージ」と似ている部分はありますが、私はレジ打ちは機械だけを操作していればいいと思っていました。

 

しかし、実際はむしろ他のバイトよりも長く接客を行うことになります。なぜかというと、常に様々なお客さんが商品を持ってくるのでそのたびに毎回それに対応した接客を行うことになるからです。

 

例えば、妊婦の方や老年の方が重い商品を購入した際には、商品をカウンターまで運ぶというようなお客さんによって違った対応を求められることもあります。

 

営業ほどの接客力は必要ありませんが、全く接客を行わないものだと思って応募するとギャップに驚くこととなるでしょう。

 

 時給や待遇は?

正直なところ、時給や待遇は良いとは言えないでしょう

そう感じた理由は二つあります。

  • 休憩をとる暇がない(トイレや給水等の短い休憩)
  • 単純な時給の低さ

 

 【休憩をとる暇がない】

一つ前の項目でも説明しましたがレジのバイト中は基本的に気を抜くことはできません。

 

次から次へと流れてくるお客さんに対しての対応がある為です。

レジ打ちというのは基本的にお客さんとは瞬間的な関係しか持ちません。

 

こちらが会計を中断しトイレや給水に行こうとする場合、客側の視点から見るとさっきまで他の客の対応をしていたのに、急に自分の時だけ後回しにされたように感じ、不快な思いをしてしまうのです。

 

さらに、常に流れ作業なので一度自分がその流れから出ると、他の従業員の方の負担になってしまうということもあり、私はちょっとした休憩もできませんでした。

 

【単純な時給の低さ】

 知っている方も多いと思いますが、レジ打ちの時給は低いです。

パートの時給、平均っていくらなの?|マイナビパートTIMES

 

マイナビで、スーパーのパートの平均値が出されていましたが、853円と低い値となっていました。

 

ここまで、レジのバイトに対してネガティブなことしか書いていませんが一つ注意してほしいことがあります。それは

 

休憩をとれるかどうかということや時給に関しては結局のところお店の環境によるということです!!

 

僕のレジの体験談を友人に話したところ、やはりあまりよくない環境であるということがわかりました。

そこで次の項目では、バイトに応募する際どのような点に注目するとよいかをまとめてみました。

 

良いレジのバイトの探し方

一つ前の項目では、レジのバイトの時給や待遇は環境によって変わるということを紹介しました。

それでは、どのような点について注意していけばいいか見ていきましょう。

ルフレジの有無

これが一番大事です!!

まずお店にセルフレジがあるかどうか見ましょう。

ルフレジがあるかないかでお店の待機列のはけがちがいます。

待機列の長さは一人当たりの負担の大きさをを示しており、長ければ長いほど負担は大きくなります。

また、セルフレジの種類には、商品の登録は定員が行い会計はお客さんに行ってもらうタイプとすべてお客さんに行ってもらうタイプがあります。

かごに商品を詰めることに慣れている方は前者のタイプに向いていて、接客に慣れている方は後者のタイプのお店を探すことをお勧めします。

 

レジの定員の方が毎回同じではないか

 ここをチェックすることによって店のシフトをどのような体制で回しているかどうかが、分かります。

同じ人が異なる時間帯によくいる場合はシフトが厳しい状況である可能性があります。

そういった店舗に勤務すると無理なシフトを組まされてしまったり、お店自体に余裕がないのでちょっとした休憩ができないでしょう。

 

始業時間と終業時間

スーパーが混雑する時間は、11~2時のお昼時と17~21時の夜時です。

もしも、あなたが夜遅い時間に勤務ができて、一生懸命に働きたくないのであれば朝の早い時間か夜の遅い時間のシフトに入ることをお勧めします。

 

なぜなら、昼時の余裕のある時間帯は、基本的に誰でも入ることが可能で特に競争率が高く、シフトをいれられませんが朝や夜の時間はシフトに入れる方が少なく、競争率が低いため簡単にシフトを入れられるからです。

 

その中でも、特に夜はお客さんが少なくシフトの競争率も低く、時給も高く設定されています。このことから、遅い時間でも働けるような学生は営業時間をチェックすると良いでしょう。

 

客層が悪いかどうか

客層が悪いとクレームが発生しやすくなります。

もちろん、自身のミスには誠心誠意対応しなくてはいけませんが、客層が悪いお店ではクレームが長引きやすくなってしまうということもあります。

また、これは個人的な見解ですが悪く見えるお客さんは商品を煩雑に扱うことが多く、商品の登録が行いづらいと感じました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

レジのバイトはバイトの入門のようなイメージがありますが、決してそんなことはなく、ほかのバイトと同様のきつさがあります

ただ、マイナス点ばかりかというとそんなことはなく、とにかく過ぎる時間が早い等のプラス点もあります。

そして結局のところ、きつさはセルフレジの有無等の環境によっても違います。

このことから、一度応募する前に環境をチェックすることをお勧めします!!

 

大学生でバイト探している方にはt-newsというサイトがおすすめです!

登録して損することはないです!!興味があったらどうぞ!!

 

bult32.hateblo.jp